読書

仕事を教えることになったら読む本

ティーチング(知識の教え方)

①動機付け

・メリット獲得アプローチ

例)今からいうことを知っていると、数多くの商品を早く覚えられる

・デメリット回避アプローチ

例)今からいうことを知らないと、数多くの商品を覚えるのに苦労する

②説明

ステップ1 話材を準備する

ステップ2 組み立てる

原則1全体→部分

「ひとことでいうと」、「ざっくりいうと」、「はやいはなしが」

「○つある」、「○パターンある」(4つまで)

原則2結論→理由

「結論から言うと」、「一番大切なことは」

結論は5秒以内で

③効果測定

ポイント1 簡単過ぎず難しすぎず

ポイント2 教えたことの範囲で答えられるように

ポイント3 段階的にヒントを出す

 

テーマの設定は疑問が湧くように

予備知識の少ない相手には例え話を

目を見てゆっくり、間を取り、2WAYで

 

トレーニング(技術の教え方)

  1. 動機付け 「今から教えることができるようになると」
  2. やってみせ 完成形をデモする
  3. といて聞かせて
  4. させてみせ  スモールステップで
  5. ほめて フィードバック できていた多所1 改善2
  6. 見届ける

コーチング(意識の高め方)

傾聴

ポイント1 目を見て聞く

ポイント2 あいづちをうつ

 

反応1 相手の言葉を返す

反応2 要約を返す

反応3 気持ちを返す

 

5W2H

 

いつ

どこで

だれと

なにを

なぜ

どのように

どのくらい

 

ステップ1 課題の設定

ステップ2 原因の推定

ステップ3 解決策の立案

ステップ4 解決策の具体化