旅行

知る人ぞ知る京都のお宿、「お宿吉水」が最高すぎた件。

先月関西に行った際、知人の紹介で京都に宿泊しました。

その宿が、本当に最高すぎて、最高すぎて。

京都に来た時にはもう絶対ここにしか泊まらないぞ!

と決意するくらい私好みの宿だったので、ご紹介します。

お宿吉水HPはこちら↓

http://yoshimizu.com/kyoto/

ご予約はこちら↓

http://yoshimizu.com/info/

「お宿吉水」とは

お宿吉水について

お宿吉水は、円山公園内の高台にある100年の歴史を持つ数寄屋造りのお宿です。

片泊まりのお宿として、ご宿泊、朝食のみを提供しております。朝食の食材は無農薬・有機野菜を使用し、シンプルながらも手づくりの味を大切にしております。寝具はオーガニックコットン、天然精油の植物性石鹸シャンプーなど、衣食住において安心できるものを選んでおります。

京都のご自宅というような感覚でどうぞごゆっくりとお寛ぎくださいませ。

お宿吉水 http://yoshimizu.com/kyoto/about/

詳しくはこちら↓

http://yoshimizu.com/kyoto/about/

アクセス

【お宿吉水 京都円山公園】

〒605-0071 京都市東山区円山公園弁天堂上
Tel: 075-551-3995 Fax: 075-551-3996

祇園四条駅から、宿への道は上り坂なので、宿へ向かう際はタクシーの利用がオススメです。(価格600〜900円)

詳しくはこちら↓

http://yoshimizu.com/kyoto/access/

料金

料金はこちらから↓

http://yoshimizu.com/kyoto/price/

宿泊レポート

ここからは、実際の宿泊レポートです。

ごゆるりと。

「お宿吉水」への道

最寄駅は、祇園四条駅になります。

祇園四条駅から、八坂神社を抜けて、徒歩でも向かえるのですが、

なにせ宿までは上り坂なので、荷物を持っていた私は、タクシーで向いました。

タクシー運賃価格は、600〜900円くらいでした。

(乗る場所、降りる場所、タクシー会社で微妙に違う)

知る人ぞ知る宿だからか、「お宿吉水」と言ってもタクシー運転手さんもどこかわからない場合が多かったので、事前に電話番号、住所等を控えておくといいかもしれません。

私はタクシーに4回くらい乗りましたが、3回は、「どこ?」って聞かれました。

「お宿吉水」到着

タクシーに揺られ、お宿吉水に到着。

本当は、夜に着いたのでこれは朝撮った写真です。

 

看板を発見し、上り坂を登ると、

見えました!

こちらも最初ついたときは、夜だったので、次の日のお昼の写真です。

 

なんという趣深い。

最高です。

THE・京都感がすごい。

 

玄関まで行くと、スタッフの方が宿へと迎え入れてくれました。

玄関も趣深い。

 

玄関のふすまの先に、広間があり、そこでウェルカムドリンクをいただきました。

激ウマ、はちみつジンジャーチャイ。

 

広間で支払いをすませると、早速客室へ。

客室「竹林」

客室は、和室8部屋、洋室1部屋の全9室。

今回は、2階にある洋室の部屋に宿泊しました。

広間をでて、階段を登ります。

(荷物はスタッフのかたが運んでくださいました)

夜の様子。

 

昼間の様子

 

階段を上ると、吹き抜けのような場所があります。

ここでは、窓際に座ってお酒をいただいたりできるんだとか。

 

そして、吹き抜けをさらに奥に進むと、私の宿泊したお部屋「竹林」にたどり着きます。

各部屋に名前がついています。

我が部屋「竹林」
夜の様子。
昼間の様子。

 

この「竹林」の部屋からは、

この部屋の名の通り、竹林が見えます。

心が洗われます。最高。

お部屋にはお茶セットがあり、セルフでほうじ茶をいただけます。

ほうじ茶も激ウマで、速攻で飲み干してしまいました。

 

そうこうしているうちに、お風呂の時間です!

貸切お風呂

お風呂は、貸切風呂が、2つあります。

脱衣所の外の札をひっくり返して、使用中であることを示します。

脱衣所は鍵もかかります。

浴室はこのような感じ。

浴槽と、シャワーがあります。

もう一つのお風呂も似たような感じの作りです。

あっついお湯が好きなので、勝手に温度設定を変えて追いだきしましたw

(追いだきはご自由にとのことだったので)

脱衣所にはドライヤーも置いてありますので、ここで髪を乾かしました。

就寝

お風呂をいただき、夕食はつかないので、部屋で各自でいただき、明日に備えて寝ます。

この部屋には、エアコン、暖房がついており、さらに電気毛布、はんてんといったものが用意されていて、寒さ対策はバッチリです。

ぐっすり眠ることができました。

朝食

さて、お楽しみの朝食です。

お宿吉水は、朝食がついています。

朝食は、8:00〜9:00の間に広間でいただきます。

それよりも早く食べたい場合は要相談とのことでした。

広間。夜の様子。
ここでスタッフの方が食事の準備をしてくれます。
趣深い暖炉もあります。

 

基本的なメニューとしては、パン、野菜スープ、季節の果物、コーヒー、紅茶となっています。

1日目朝食

メニューの内容は、

・食パン(セルフサービス)

・具沢山味噌汁

・イチゴジャム

・バター

・目玉焼き

・フルーツ(りんご、みかん)

・コーヒーと紅茶(セルフサービス)

2日目朝食

メニューの内容は、

・食パン(セルフサービス)

・野菜の汁物(生姜の風味)

・ジャム(イチゴ、ブルーベリー)

・バター

・果物(みかん、りんご)

・卵料理(写真に収めるの忘れました)

・コーヒー、紅茶(セルフサービス)

でした。

 

パン、ドリンクはセルフサービスで食べ飲み放題です。

パンをオーブンで焼いて、その上にバターとジャムを乗せて食べると絶品でした。

紅茶には、生姜とミルクを入れることができ、ジンジャーミルクティーにできるのが最高でした。

チェックアウト

優雅な宿での生活はあっという間に終了しました。

宿の前までタクシーを呼んでいただき、チェックアウト。

最後には、宿の前で記念撮影もしていただきました。

宿泊しての感想

自然が大好きな私にうってつけの最高の宿でした。

京都に来た!ということをこれでもかというくらい感じられる空間

大自然のなかにあるため本当に静かで、落ち着ける空間でした。

また、隣には知恩院や円山公園があるため、少し外に出れば京都を感じられるのが最高でした。

部屋から見える景色も最高でした。

他の部屋は景色が違うみたいなので、次泊まるときは、和室をチョイスしたいと思います。

オーガニック素材にこだわった優しい口当たりの食事

2日間の食事をいただきましたが、朝から美味しすぎました。

パンはそのまま食べるもよし、オーブンで焼くのもよし、バターを塗るのもジャムを塗るのも、目玉焼きを乗っけるのも、全てよしの星5つでした。

野菜の味噌汁は、1日目は、具沢山で、鳥のつみれが入っており、2日目は、生姜の風味が効いていました。

全体的に優しい味わいでした。

スタッフさんの親切さがグッド

スタッフさんが、とても気さくで、安心して宿泊することができました。

ウェルカムドリンクのサービスや、観光の相談、記念写真の撮影なども行ってくれました。

周辺の観光

お宿吉水はアクセスはやや不便に感じるかもしれませんが立地がかなりいいです。

ついでに周辺の観光についても紹介しておきたいと思います。

知恩院鐘楼

除夜の鐘で有名な、知恩院鐘楼がなんと徒歩1分。お隣さんです。

 

円山公園

お宿吉水を出てすぐ円山公園です。

八坂神社

宿を出て円山公園を抜けると、八坂神社があります。

祇園四条駅からは、八坂神社、円山公園を通って、徒歩で吉水に向かうことも可能です。

 

 

     

ねねの道

京都の風情が感じられるねねの道もすぐ近く。

 

二寧坂

二年坂もすぐ近くです。

 

清水寺

清水寺は徒歩25分。

一応徒歩で向かうことができます。

清水寺には、私も早朝観光に行ってきました。

早朝6:00に清水寺に行った話。2019年12月に早朝清水寺観光をしてきたのでその時のことをお話しします。 清水寺のHPはこちら↓ https://www....

まとめ

今回は、京都で泊まった「お宿吉水」が最高すぎたので、紹介させていただきました。

・景観よし

・食事よし

・周辺観光もよし

の最高の宿です。

しかも、

タクシーの運転手さんもなかなか知らないという知る人ぞ知るお宿。

京都にお越しの際は、ぜひ一度「お宿吉水」に宿泊をしてみては?

ご予約はこちら↓

http://yoshimizu.com/info/

早朝6:00に清水寺に行った話。2019年12月に早朝清水寺観光をしてきたのでその時のことをお話しします。 清水寺のHPはこちら↓ https://www....
始発に乗って、伏見稲荷の山頂まで行ってきたレポ。先日、早朝清水寺を決行したという記事をあげましたが、実は関西に赴いた3日間の日程の中で、2日目の朝は清水寺に行ったのですが、3日目の朝、...