プログラミング

Railsチュートリアル実践(1日目)

こんにちは!たけっちです!今日から本格的に、手を動かして、Railsチュートリアルに取り組んでいこうと思うので、やったことと、自分自身が困ったことなどを適宜記録しておこうと思います。

取り組んだ内容

第1章 1.1-1.2.1

AWSのアカウント作成

第1章から読み進め、開発環境作りまできて、AWSのアカウントを持っていなかったので、アカウントの作成から始めました。

「AWS アカウント作成の流れ」と検索かけると下記のページが出てきました。

AWSアカウント作成の流れhttps://aws.amazon.com/jp/register-flow/

丁寧にアカウント作成までの流れを紹介してくれていましたので、手順通りにアカウント作成を行いました。

IDE環境の構築

Cloud9を使って構築します。

AWSにログイン後、マネジメントコンソールを立ち上げて、Cloud9を検索します。

「Create enviroment」を選択します。

IEDのインスタンス名と説明を記入し、「NextStep」

Railsチュートリアルの文面そのまま入力しました。

デフォルト設定のまま、「NextStep」

確認画面です。「Create enviroment」で作成されます。

作成に数分かかります。下のような画面で待たされます。

この画面が出れば、IDE設置はひとまず完了です!

設定で、インデント設定をデフォルトの4から2に変えておく

右上にある設定マークを選ぶ。

デフォルト設定の4から2に変更

終わりに

本日は、第1章1.1-1.2.1まで取り組みました。

随時わからないワードはノートに書き出して、意味を調べて記録しています。(横文字が多くて理解できないことが多いので)

今回の内容では、Cloud9を用いて環境構築するときの過程が細かくRailsチュートリアルには載っていなかったので、そこが若干つまづきポイントでした。

デフォルト設定でとりあえず大丈夫とのことなので解決したので良かったです。

Railsチュートリアルの中でも書かれていますが、わからなかったらググることが大切みたいなので、どんどんググっていこうと思います!

まだまだ環境構築の段階ですが、コツコツやっていこうと思います!