陸上競技

ハードル練習開始!

こんばんは。尋常じゃない眠気に襲われ気味の、たけっちです。

2019.12.14 練習日誌

練習場所:屋内(学校) 

練習時間:15:00―18:30(3時間30分)

本日の練習内容

ウォーミングアップ

パーフェクトボディコントロール(PB)

・足趾

・骨盤

・肩甲骨

・全体のバランス

・一本歯下駄

ドリル

・ハムのばし+足の振り上げ

・膝の抱え込み+前腿のばし

・肩回し走り(前後)

・腕回しスキップ(前後)

・腕回しサイドステップ(左右)

・キャリオカ(左右)

流し 

60mくらいの流しを廊下で10本。

ピッチドリル

実施要領

・1m間隔で20個マークを置く(20mの場合)

こんな感じ。

・1秒に4.8のピッチ(♩=288)で、走る

メトロノームで♩=288

・換算表を参考に20mのタイムを一定にする(前半2.08、後半2.08の4.16秒で走れるようにする)

素晴らしきコーチ。

・100mを12秒00で4.8のピッチで走るとき、57.6歩で走ることになるので、1mあたりの時間は、12秒/57.6歩=0.208…、これに20mかけると4.16

留意点(自分の)

・メトロノームのリズムを体に染み込ませて一定のピッチで走れるようにする

・必ず計測する(ストップウォッチ片手に)

・姿勢はまっすぐ(足元を見ない)

・腕をコンパクトに(ピッチに合わせてコンパクトに)

・ニュートラルな状態で行う(気合いを入れすぎない普通の状態)

ハードルドリル 間7足

A歩き→Bスキップ→Cラン

リード足

・ハードルをかかとで押すように脱力してストンと落とす

・左右行う

・かかとを踏む

抜き足

1)

・リード足を先にハードルの向こう側についてから、ふくらはぎ側部をハードルに滑らせるようにして、胸元に引きつけて下ろす

・左右行う

2)

・ひざ下を脱力して、抜き足

3)

・クイックを入れて、抜き足

両足

・ハードルの真ん中で行う

・リードと抜き足どちらも行う

1歩ハードル

1)

・ギャロップのような形でハードルを越える

2)

・インターバル、ハードルの高さを高くする

腿上げ

・ハードルを腿上げで越える

・一定のリズムで行う

ハードル走 間14足

・同じ足をリード足にしてとぶ

・左右行う

全体

・上半身から突っ込む

・左がリード足の方が良い(400mHの場合は)

考えたことなど

本日は、コーチがいらっしゃってくださって、指導をしてくださいました。

1時間程度ウォーミングアップをしたあと、ピッチドリルを行いました。

この冬のキーとなるのが、このピッチ練習だそうで、私はピッチがすごく下手くそなので、ピッチを一定にする練習をこの冬はとことん行うとのことでした。

1秒間に4.8のピッチを維持するということを体に染み込ませることで、あとはストライドをどうにかすれば11秒台も夢じゃないし、400mが恐ろしく楽に走れるそうな。

メトロノーム鳴らして、右手にストップウォッチ持って、結構変人スタイルでの練習になりそうですが、なかなか斬新で面白いです。

動画撮影をお願いしたのですが、携帯カバーに学生証が入っていて、なぜか爆笑されました(解せない)

そしてピッチ練習の後は、ハードルドリルを伝授していただきました。

小学4年生から陸上競技を嗜んでおりますが、生粋のスプリンター(不器用)。

これもまた爆笑されました。

挙げ句の果てには、「中学生みたい(笑)」と言われました( ^∀^)

まぁ自分でも面白いくらいわからないし、できないんですよね笑

途中集中力が切れてきた&お腹すいた&眠い&できないのコンボでやる気を失いましたが、10分休憩をとる中で栄養補給(久々のソイジョイ)をしてなんとか乗り切りました。

今日失敗したのは、カメラスタンドを持って行かなかったこと。次は全部動画に収める。と決めました。

明日も今日の復習です!

今日はサバの味噌煮でした。