プログラミング

プログラミングの勉強を振り返る。【結論】ググる力がものを言う。

こんにちは、好きなことをして生きていきたい!たけっちです。

2019.11.12時点でプログラミング全くの未経験でしたHTML?CSS?は?なにそれ?という段階です。ただ、プログラミング系ブロガーさんのブログで、ゴールから逆算し、努力を継続すればプログラミングで稼ぐことは難しくないということがよくわかったので、

・HTML&CSSをProgateとドットインストールで固める(約200時間勉強する)

・経験者さんにカウンセリングを受けて仕事を受注

・稼ぐ

・もっと勉強する(高い単価の仕事を受注できるようになる)

・スクールに通うor企業に就職(スキルを獲得)

・独立してフリーランスで生きる!好きなことして生きる!

を目指して、勉強を始めました!!

勉強開始から、1週間経過したので、ここ1週間のまとめをしていきたいと思います。

1週間でやったこと

Progate

・学習コースHTML & CSS 初級編×3

・学習コース HTML & CSS 中級編×3

・Progate 道場コース HTML & CSS 初級編×1

・Progate 道場コース HTML & CSS 中級編 ×1

計約16時間半

プログラミング未経験のためProgate何言ってるかわからない問題

初めにも書きましたが、プログラミング全くの未経験だったため、もちろんHTML?CSS?は?なにそれ?という段階でした。

学習サービスとしてProgateおすすめだよ!というのが「プログラミング 勉強」とかで検索すると大多数だったため、まず無料でできる初級編から挑戦しました。

最初は何をやっているのかさっぱりわからなかったです。

それでも、まねをしたり、答えを見て自分のコードと比較して、直したりして進んでいくうちになんとなくわかってくるようになってきました。

未経験だと、初めなにこれわからん。となるのは当たり前かと思うので、とりあえず、わからなくても、へー、ふーん、全然わからーんとかいいながら、手を動かしてやってみること、続けてみることが大切だと思います。

有料版への登録

初級は無料で進めることができますが、中級以降は有料版への登録(月額980円)が必要になります。プログラミング系ブロガーさんたちの情報から見ると、有料版への登録は必須だったため、迷わず課金しました。

月額980円とスクールに通うより断然安く、始めやすいと思います。しかも、ゲーム性が強いため(レベルが上がったりランキング制度があったりする)続けやすいと思います。

道場コース爆死問題

Progateには、基礎的なことが学べる学習コースとそれを実際にページをこういう風にしたいという指示や見本からコードを打っていく道場コースがあります。

学習コース終了後、軽い気持ちで道場コースへ挑戦して、爆死しています。

初級、中級とどちらでも初見爆死です。

学習コースは、こういうコードをここにうってください。という細かい指示やに従っていけば、一応ページはできて、内容はクリアできるようになっています。

しかし、道場コースでは、ページをこういう風にしたいという指示(仕様書)や、見本から、ページを作ることになるため、指示がないと打てないと、わたしのように詰むのです。

そこで私が試したのは、

・学習コースのスライドの重要事項をノートに取る(手書き)

・スマホ版Progateのスライドを見る

・ノートに学習コース全体のコードを打った流れを走り書きでメモ(手書き)

・わからなかったらググる。

ノートっていうかコピー用紙。

ということです。まだまだ勉強始めたばかりなので、もっと効率的な方法があるかと思いますが、現状こんな感じです!

プログラミング系ブロガーさんたちが言うには、ノートはとる必要ないみたいです。わからなかったらググること。ググって答えを導きだす力が一番大切だそうです。参考までに。

情報収集

プログラミングで稼いでる系ブロガーさんのブログを読む

マナブさんのブログ、youtubeやしゅう丸さんのブログ、ノートをみてプログラミングの勉強を始めました。プログラミングで稼ぐまでの過程が詳細に示されているので、とても参考になります。まだまだ情報不足なので今後も随時収集を進めます。

その他

Study plusで勉強記録開始

Study plusというアプリで勉強記録をつけ始めました。1週間の勉強時間の目標を20時間に設定しました。(1日平均3時間、2か月半で目標の200時間達成を目指す)

登録するときに達成目標を設定できるのですが、結構プログラミングを目標に設定している人がいて、自分も頑張ろう!と思えました。

これですね。

TechAcademyの無料体験に申し込み、メンタリングをうける

TechAcademyは、メンター(指導者)がつくオンラインのプログラミング教室です。

プログラミング系ブロガーさんたちが、独学でくじけるのは、わからない時にきけるひとがいないから、また最短で効果を上げるにはその道のプロに教えを乞うのが一番だからということを書いていたので、まずは無料体験に登録してみました。

無料体験に申し込むと一部学習内容を体験できることと、メンタリングといって、メンターさんに受講についての質問等をすることが1回30分無料でできます。

実際に私も、30分のメンタリングをうけてみました。ビデオ通話のような形で一対一でのカウンセリングです。興味のあるコースの内容やコース料金などについて説明してくれました。また、質問等についても答えてくれます。せっかくメンタリングしてもらうのに、質問事項をあまり考えておらず、時間を持て余してしまったのが反省点です。なので、もしメンタリングするという方は、事前に聞きたいことを考えてメモしておくと、有意義な30分になると思います。

ただ、2、3か月で10~15万円程度かかるので、私は、独学で本当に困ったとき、就職すると決めてスキルが足りないと感じたときに、受講しようかなと思いました。

ブルーライト眼鏡 購入(仮)

パソコン作業が増え、目の疲労感や、睡眠の質への影響を考え、購入することにしました。

Mac Book Pro 購入(仮)

現在使っているパソコンの調子が悪く、プログラミングを始めるという節目も利用して新しいパソコンを購入することにしました。プログラミングに向いているもの、モチベが上がるものということで、MacBook Proを購入することにしました。(以下のポイントを踏まえ)

・学割を利用(ただし店舗によっては、学割が利かないので、ネットで購入することが確実)

・スペック(ネットで調べた推奨)→メモリ:16GB(カスタマイズ要素なので、店舗によってはできない、ネットのアップルストアでの購入でできる)、ストレージ:256GB、13インチ

・付属品(必要最低限)→type-c ハブ、パソコンケース、液晶フィルム、キーボードカバー

まとめ

1週間でやったことをまとめました。たくさん書きましたが、1週間で1番大切だと思ったのは、

わからなかったら、ググる、ググって答えを導き出す。

ということです。

わからなくてもいい、ググってとりあえず手を動かしてやってみること。まずはこれに尽きると思います。

2週目も張り切っていきます。